プロフィール

やきとりダーマン

Author:やきとりダーマン
まるやきとりブログへようこそ!
ずっとヒメコガネドリアードを無限回収しております。

現在の枚数
242枚

ヒメコは娘のように愛してますw

ようやっと、D-0の(ヒメコ専用)箱がいっぱいになりました。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索

アクセスカウンター

リンク
ブロとも申請フォーム
ディメンション・ゼロ

最近のトラックバック

まるやきとりブログ

TAKE-1 蒼龍「タクマ・ゾンビ召喚だぁー!」 やきとり「呼びましたか?ニコッ」 咲華「・・・」 TAKE-2 蒼龍「タクマ・ダンサー召喚だぁー!」 やきとり「呼びましたか?ニコッ」 咲華「このくだり、いつまでやるつもりw」 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「栄光の鐘」新カード情報!その2 大きいのは強いんだ!

みなさんこんにちは、やきとりです。

今回もこちブロの公開カードなどなどを、書いていこうと思います。


大陸アルドのポセイドン
ユニット-マーマン/フォーリナー
使用コスト:青2無4 移動コスト:青1無2
パワー7000 スマッシュ:1
タイミング:クイック

●このカードが対象になった時、あなたはこのカードを除外してよい。
そうしたならば、あなたはこのカードを相手のユニットの無い自軍エリアのスクエアにフリーズ状態で置く。
●プランゾーン効果『覚醒-[あなたは墓地の青のユニットを3枚選び、除外する](このカードを覚醒のコストでプレイしてもよい。)』
           
昔、ギガント・ポセイドンって言うシルバーレアが居ましてですね・・・。

さて、評価なんですが、とりあえずこいつはかなりやるかと。
まず、対象を捕ると瞬間移動が可能。
弱点はメロー系、スクエアを対象に捕る除外、対象を捕らない全体破壊そう考えると。
他にも、相手が自軍エリアに移動してきたら移動スタックで、なんらかの軽いパンプとかのカードで対象を捕り(1度除外されるとパンプとかの効力は消えてしまうが)、効果で自軍に戻り迎撃といったトリックスターなこともできる。
また、超常現象対策本部ラインに効果で移動すると、リリースインで入れ替えられる。

そしてなんといっても、このサイズでの覚醒コスト。
青ユニットが墓地に肥えていればいいので、後半はほぼゼロコストで召喚可。
6コストって言うこともありコルドロンで0移動の7500とか、オペラハウスでゼロコスト敵陣リリースインとか、かなり素敵。

青は相変わらず強いイメージがあって良いですね。

                    マーマン・・・



大陸アルドのパラディン
ユニット-パラディン/フォーリナー
使用コスト:白2無3 移動コスト:白1無1
パワー5000 スマッシュ:1
タイミング:クイック

●隊列召喚-スラッシュ[白1]
※写真参照 右上から斜めに。
●このカードが隊列召喚でプレイされてスクエアに置かれた時、ターン終了時まで、バトルスペースのすべてのあなたのユニットに以下の効果を与える。
『このカードが攻撃された時、ターン終了時までこのカードのパワーを+3000する。』

新キーワード隊列召喚/(スラッシュ)


カードとしてはまぁまぁ。
以前の隊列召喚はビッグアイはアニヒ、ファイアーなどの一掃の心配があり、ストレート、トライアングル、ビッグトライアングルは成功し辛く、アンダーバーはまともなのが1体しかいなかったり、スモールアイはたまに便利でヒメコが可愛いと様々でしたが、今回の並び方はとても奇襲しやすく相手からは除去しにくい形になっています。
しかし気になるのはこのスラッシュの意味。
あの、\(^o^)/でよく知られる顔文字の
ここ→\(^o^)/

も、スラッシュと変換したら出たのでもしかしたら逆版あるかも・・・。

で、こいつは自分のユニットすべてに頑強なパワー耐性をつけてくれるので、ビートではかなり役に立つと思います。

個人的には、相手をぶった切るというイメージが出来るスラッシュは、かなり気に入っています。


                    スラァーシュ!!



さらに今回は、メルマガでバーサーカー・ドラッグが再録との情報が入ってました。


バーサーカー・ドラッグ
ストラテジー
使用コスト:緑1無1
タイミング:バトル

●あなたはバトルスペースの対象の自分のユニットを1枚選び、ターン終了時まで、パワーを+4000する。
ターン終了時、そのユニットを持ち主のエネルギーゾーンにリリースして置く。
●このカードを除外する。
そうするに際し、このカードがプランゾーンからプレイされたならば、かわりに持ち主の手札に加える。

昔は緑単でヒメコにドラッグを打ち込んで、敵陣に突っ込ませたりしたのはいい思い出。

回想。↓

俺「いくぞヒメコ!バーサーカードラックだ!」
どすっ
ヒメコ「うおおおおおおおおお!!!!」

目をギラギラ輝かせながら敵陣に突っ込んでいき、雑魚を蹴散らし、隊列ビッグアイを決めるヒメコ。
そして仕事をやり終えたヒメコは、土(エネ)に帰りましたとさ。

回想終わり。


とまぁ、こんな感じで雑魚に打って序盤のエネブーストもできます。
今ならゲルハーピープレイ後に打って、合成のエネ用員や色エネ用員として使えますね。


さて、今回のデッキは、新規プレイヤーの氷華くんの幻堂ファクトリーを紹介します。


デッキ名:幻堂ファクトリー


■赤 ユニット
融解戦鬼灼熱王
竜皇帝ジュッズヴァー 3
機神兵アミダ 3
アニヒレイト・ドラゴン 3 禁呪9
クリムゾン・ドラゴン 3
■赤 ベース
三十三万三千三百三十三幻堂 3
スクラップ・ファクトリー 3
■黒 ストラテジー
暗黒の衝撃 禁呪1
■青 ユニット
ギガント・マンタ
生命の海の魔女 3
深淵竜エメラルドティアー 3
■白 ユニット
天空城の魔女 2
戦場を駆ける獅子 3
■緑 ユニット
スカラベマスター 3
大巨人ウートガルザ・ロキ 3
大巨人バックス 2
合計枚数 40

まずここからは、氷華くんのコメントで説明します。



動かし方は言うまでもなく、ファクトリーを掘り当てるまで更新。
メインは赤ですが、全色入っているこのデッキ、主に赤青にすればスカラベはいらないんじゃないかという意見もあるのでは?
スカラベの利点は、ファクトリーから出てくる大型ユニットの移動コストは全て、色エネ1+無色エネの組み合わせなのでエネルギーゾーンに置いておくだけで状況にあわせて使えるわけです。

そして今回注目したのは、
●生命の海の魔女(1)
●天空城の魔女(2)
●戦場を駆ける獅子(3)
の三枚のカード。

(1)は青で、スクエアに”置かれたとき”手札からランダムにユニットを自軍に置く効果、このデッキでは手札があまりキープできません。
そのため常に2~3枚が限界ですね。
なら、その手札を厳選しておけば、生命の海の魔女でほぼ確定な形で大型ユニットを展開することができます。
また、生命→生命→ユニットという風に連続して効果を起動させることも可能。
ステータスは低いですがスマッシュは2もあります。

(2)は白で、相手がベースorストラテジーをプレイしたときに、手札のユニットを自軍エリアに置く効果。
自分がベース依存症なのでサテライトやユニット破壊をしてくるデッキ相手の場合にあらかじめ出しておけば手札から展開できます。

(3)は白でこのカードがスクエアに置かれたとき、同じラインに相手ユニットがあればそこに飛んでいきます。
「スクエア以外から~」ではないのがポイント。
ファクトリーから出る→飛んでいく、この流れが神ですね、7500の打点は伊達じゃない。
全て「置かれたとき」に起動する効果なのでファクトリーから出ると相手に妨害されることなく確実に”いやらしい動き”が出来るはず!!

というのが本来のコンセプトです、はい。

今回、ウートガルザ・ロキを投入しているので、アニヒレイトよりアルィンドの方がいいかもです。
でも今のところベースに関与するカードは無いので今は現状維持。

                                                   
mixiのデッキコメントより転載。



初めてほぼ一カ月ぐらいで、この考察はなかなか素晴らしい。

まだ調整途中らしいですが、これは相手していて俺は、かなり強いなと。

このスクラップデッキはディメンション・ウェンズデーさんはプランジャータイプで作成していたのは知っていましたがこちらは、完全大型大量展開。

取り合えず、スクラップのタイミングがターンの終了時なのが、なかなかきつい。

除去をしようにもメインで除去しなければならず、一発で連続して大型ユニットが展開されるというのは処理が追いつきません。
メロー系で防ごうとしてもアニヒレイトなどで一発で除去されたりしてしまうのであまり効いていない。

対策としてはスクラップは早々と機能する前に破壊するのが一番です。

幻堂撃たれた時は、アミダやエメラルドティアーが出ないことを祈りましょう。
てか、ティアーがノーコスでベベッニみたいに迫ってくるとか、マジ恐怖。しかもターン終了時にだ。

そして極めつけは、今まで馬鹿にされつづけていたギガント・マンタまで居ます。

ギガント・マンタ
ユニット-クラーケン
使用コスト:青3無5 移動コスト:青1無3
パワー 8000 スマッシュ:2
タイミング:クイック

●このカードを相手のユニットのあるスクエアに移動するコストを支払うにあたり、その移動コストに必要な無色エネルギーを-3する。
●このカードが移動して中央エリアか敵軍エリアのスクエアに置かれた時、あなたはカードを1枚引く。

意外と耐久力が高く、隣接している雑魚は軽く踏みつぶされ1エネで移動してドローする。
ほんとにビートの相手は、フレーバー通りの展開になります。

正直、引くだけのカードが此処までやるとは思いませんでしたw

これからこのデッキの強化に期待大です。

興味ある方は是非お試しあれ。

今回はここまで。






追伸。
ところで、ギガント・コバンザメはいつ出てくるんでしょうか?
















今回のBGM



【初音ミク】1925【オリジナル曲】


ゴム版もお勧め。
スポンサーサイト

コメント

from
ポセイドン考察について、コルドロンは自分の青ユニットを「対象にとる」ので、ポセイドンは動けません。横移動なら出来ますが。

from やきとり
>名無しさん
そうですね。
助言ありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://himekoganedoriado.blog116.fc2.com/tb.php/166-022009ca

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。